×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

化学物質の無毒化にも関与

アルコールを分解するという効力のあるナイアシンは、吐き気や頭痛などの二日酔いによく効きます。二日酔いの防止の主因物質だと考えられているアセトアルデヒドという化学物質の無毒化にも関与しています。

痒みを伴う汗疱(かんぽう)とは総じて手や足の裏、または指と指の間等に痒みを伴う小水疱が現れる症状で、普段はあせもと誤解され、足の裏に生じると水虫と一緒にされるときもあります。

既に永久歯の表層のエナメル質を破壊する程に、深刻化してしまった歯周病は、無情にも症状自体が治まったとしても、エナメル質が元の量に復元されることはまずないでしょう。

子供の耳管の形状は、大人のそれと比較して幅があり長さがなく、しかも水平形態なので、雑菌が進入することを防ぐのが難しいのです。小児がよく急性中耳炎に罹るのは、この事がもととなっています。

インフルエンザ(流行性感冒)に対応する有用な予防法や、手当を含めた、ベーシックな対処法は、それが季節性インフルエンザであっても、新型インフルエンザでもほとんど同じです。


真正細菌の結核菌は、排菌患者がした咳やたんに混じって空気中に排出され、空中で漂っているのを今度は他の人が呼吸しながら口に取り込むことによってどんどん感染していきます。

脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調整したり痛みを鎮圧し、覚醒レベル調整等を制御しており、大うつ病の罹患者は、その働きが減退していることが広く知られるようになりました。

ピリドキシンには、アミノ酸をTCA回路と言われるエネルギーを生み出すために重大な回路へ組み入れるため、もう一度クラッキングさせるのをフォローするという役目を果します。

いわゆるメタボとは断言されていなかったとしても、内臓脂肪が付く種類のよくない体重過多になると、複数の生活習慣病を招く割合が高くなることが一般的なのです。

脚気(かっけ)の症状としては、殆どが手や足がしびれて感覚を失ったり、脚の著しい浮腫などが典型例で、症状がひどくなると、怖いことに生活習慣病である心不全を呼び込む危険性もあるようです。


H17年以後、新規に特定保健用食品の容器には、「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の言葉を表示することが義務化された。

めまいが確認できず、不愉快な耳鳴りと難聴の症状だけを、続ける症例の事を「蝸牛(カタツムリ)型メニエール病」と命名する場合があるようです。

内臓脂肪が過剰に溜まった肥満が診られ、「脂質過多」、「高血圧」、「血糖」の中から、2個以上に当て嵌まる場合を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼ぶのです。

植物から発見された化学物質、フィトケミカルの部類に入るスルフォラファンというアブラナ科の野菜に含まれる揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓の解毒酵素そのものの生成を支えているかもしれないということが明白になりつつあります。

肝臓を健康に維持するには、肝臓の毒素を分解する働きが落ち込まないようにすること、言い換えると、肝臓を活性化させて老けさせない対処法に地道に取り組むことが有効なのです。


更新履歴